校長あいさつ

 2022年(令和4年)4月1日、「県立相馬東高等学校」と「県立新地高等学校」が統合し、「県立相馬総合高等学校」としての新たな歩みが始まりました。

 両校ともに110年以上の伝統ある学校であり、長きにわたり、地域の皆様のご支援、ご協力のもと、地域とともにある学校としてその歴史を重ねてきました。

 本校は、「誠実」「自律」「共生」「創造」の新たな校訓の下、地域を学びのフィールドとして「探究活動」を進めるとともに、防災・復興教育にも取り組んでまいります。

 また、新地高等学校「おもひの木」プロジェクトを継承し、東日本大震災によって亡くなられた多くの方々を追悼するとともに、震災の教訓を学ぶことをとおして、災害から大切な命を守ること、震災を風化させないための活動に取り組んでまいります。

 両校同窓会の皆様をはじめ、地域の皆様、保護者の皆様から信頼をお寄せいただけるよう努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

福島県立相馬総合高等学校長 髙野 敦史